豊和銀行・グリーンコープから資金調達

自然電力株式会社(本社:福岡県福岡市中央区荒戸/代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也、以下「自然電力」)は、大分県国東市で運営する「国東第二自然電力太陽光発電所」を2015年12月に完工し、2015年12月25日より商業運転を開始いたしました。なお、本事業の一部の資金について、2016年5月1日付で、リファイナンスが完了しましたので、あわせてお知らせいたします。

 

本発電事業は、大分県国東市に位置する民有地約46,700㎡を利用して、出力約2.4メガワットのメガソーラーを運営するものです。年間発電量は約290万キロワット時を見込んでおり、これは一般家庭約800世帯の年間使用電力量に相当します。本発電所は、自然電力グループが完工したメガソーラー事業として、大分県内で4件目となり、自然電力グループが全国で保有する自社案件として15件目です。

 

なお、本件のEPC(設計・調達・建設)は、グループ会社であるjuwi(ユーイ)自然電力株式会社(本社:東京都文京区本郷/代表取締役:長谷川雅也、ラグラム・ナタラヤン)が担当し、O&M(運営・保守)を同じく自然電力グループのjuwi(ユーイ)自然電力オペレーション株式会社(本社:東京都文京区本郷/代表取締役:磯野久美子、ラグラム・ナタラヤン)が提供しております。

 

また、本発電事業のプロジェクト資金は、当初、豊和銀行(本社:大分県大分市王子中町/取締役頭取:権藤淳)による融資と、自然電力を主とした匿名組合出資により調達しましたが、2016年5月1日付で、事業主である国東武蔵自然電力合同会社が社債を発行し、一般社団法人グリーン・市民電力(グリーンコープ共同体により設立された法人:福岡県福岡市博多区博多駅前/会長:田中裕子)が引き受けることで、調達額の一部についてリファイナンスを実施しました。自然電力は、これまでも地域の金融機関等と協力し、プロジェクトファイナンスの実施や太陽光発電ファンドの設立、信託スキームを活用した資金調達など、地域に根ざした自然エネルギー発電所の普及を目指し、さまざまなファイナンス手法での案件組成を実践しています。

 

自然電力は、メガソーラーのみならず、風力・小水力等も手掛けており、今後も地元企業と連携し、自然エネルギーの普及と持続可能な社会の構築に貢献することを目指します。

 

 

【事業概要】

 発電所名  国東第二自然電力太陽光発電所  
 発電所所在地  大分県国東市武蔵町
 事業主  国東武蔵自然電力合同会社
 事業開発  自然電力株式会社
 EPC  juwi(ユーイ)自然電力株式会社
 O&M  juwi(ユーイ)自然電力オペレーション株式会社
 発電所面積    約46,700㎡
 発電出力  約2.4MW
 想定年間発電量  290万kWh/年
 (一般家庭約800世帯分の年間電力消費量に相当)
 着工日  2015年8月末 
 運転開始日  2015年12月25日

 

 

【国東第二自然電力太陽光発電所 写真】

国東第二自然電力太陽光発電所

 

pdfリリース全文はこちら

  • 太陽光(メガソーラー)発電
  • 風力発電
  • 小水力発電
  • 土地の有効活用を考えている方
  • 発電所の建設事業者を探している方
  • 発電所の保守運営会社を探している方
  • 発電所の健康診断をしたい方
  • 発電所建設のための資金調達が必要な方
  • 発電所(運転開始前・ 開始後)を売りたい方
  • 採用情報
  • face book
  • ソーラー用語辞典
  • juwi

このページのTOPへ