自然電力が第二回非化石証書トラッキング実証実験に参加し、 グループ保有発電所の証書を取得 ~RE100認定、地産電気の取得など、より細やかな需要家のニーズに合わせた電気を提案~

2019.06.14[ニュースリリース]

自然電力株式会社(本社:福岡県福岡市/代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也、以下「自然電力」)は、2019年4月8日より経済産業省資源エネルギー庁が実施した「非化石証書トラッキング実証実験(※)(以下、本実証実験)」に参加し、グループ保有の太陽光発電所より、トラッキング情報付き非化石証書を取得いたしましたので、お知らせいたします。

本実証実験では、電源種や発電所所在地などの属性情報を付与した非化石証書(以下、トラッキング情報付非化石証書)を取得します。自然電力は、国内における実質「自然エネルギー由来」「CO2フリー(CO2排出量ゼロ)」電気の普及に向けて、2017年の「自然電力のでんき」サービス開始時より導入キャパシティの大きい非化石証書(再エネ指定)に着目し、提供してまいりました。
昨今、国際イニシアチブ「RE100(Renewable Energy 100%)」の取り組みに代表されるように、低炭素・環境負荷の小さい電気へのニーズが高まっています。本実証実験の非化石証書を活用した電気を小売電気事業者が販売し、需要家が購入した場合、その電気は自然エネルギー由来とみなされ、需要家による「RE100」認定の取組や温暖化対策にも活用できます。
自然電力では、第一回目に続き、第二回目の本実証実験に参加し、トラッキング情報付き非化石証書の確実な取得を目指してまいりました。自然電力では、グループ内で自然エネルギー発電所の発電事業と、自然エネルギー由来の電気の販売とを一貫して行っており、より柔軟に需要家のニーズに合わせた電源を提案することができます。

自然電力は、今後も「自然エネルギー由来」「CO2フリー」電気調達のためのさまざまな選択肢を提示することで、国内外の自然エネルギーの普及と持続可能な社会の構築を目指してまいります。

【トラッキング情報付き非化石証書 概要】

発電所名(種別) 合志農業活力プロジェクト太陽光発電所(太陽光)
所在地 熊本県
購入量 116,736kWh
発電時期 2018年10~12月
発電所名(種別) 那須豊原第一太陽光発電所(太陽光)
所在地 栃木県
購入量 65,182kWh
発電時期 2018年10~12月

【自然電力株式会社について】

2011 年 6 月設立。「エネルギーから世界を変える」を掲げ、日本全国でグループとして約 1 ギガワット(2019 年 2月末時点)の自然エネルギー発電事業に携わっている。太陽光・風力・小水力等の自然エネルギー発電所の設置・運営に必要な、開発・EPC(設計・調達・建設)・O&M(運営・保守)・アセットマネジメント・電力小売事業等、すべてのサービスを手掛けている。2018年よりブラジル・インドネシアにて太陽光発電所を着工し、アジア・南米域を起点に世界各国でプロジェクトを進めている。

  • 本社:福岡県福岡市中央区荒戸1-1-6 福岡大濠ビル3F/6F
  • 代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也
  • 代表電話番号:092-753-9834
  • URL:http://www.shizenenergy.net/
  • 事業内容:太陽光・風力・小水力等の自然エネルギー発電所の発電事業(IPP)、事業開発・資金調達、アセットマネジメント、個人・法人向け電力小売事業等