News Release

 

[ニュースリリース]

【自然基金 助成第一号決定!】 自然エネルギーから生まれた資金と自然電力の地域ネットワークを活用し、 地域における親子の危機を救う「こども宅食」の更なる拡大を目指します!

この度、一般社団法人自然基金(福岡県福岡市/代表理事:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也、以下、「自然基金」)より、親子の危機を予防する新しいセーフティネットである「こども宅食」の普及に努める、一般社団法人こども宅食応援団(佐賀県佐賀市/代表理事:駒崎弘樹、以下「こども宅食応援団」)への助成が決定したことをお知らせします。

 

自然基金について

自然基金は、自然電力株式会社(福岡県福岡市/代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也、以下「自然電力」)の代表取締役を務める3名が、自然電力の「エネルギーから世界を変える」というビジョンを、エネルギー事業とは異なる方法で達成することを目的として設立した基金です。

自然基金では、資金を集約し、広範囲で地域・社会の課題に取り組む事業者等を支援する目的のもと、金銭的な見返りを求めない寄付のみならず、対象事業者への出資等も行っていきます。ただし一般的な投資目的がIPOや売却を通じたファイナンシャルなリターンであることとは一線を画し、自然基金は「システミックチェンジ」(ある取り組みが社会制度や政策に影響・拡大していくような変革)を生み出す事業者を見いだし、その実現を後押しします。資金提供だけでなく、自然電力グループが培った全国の事業者や行政とのネットワークを通じてのサポートを行います。

 

こども宅食について

「こども宅食」は、2017年に東京都文京区ではじまった、生活の厳しい子育て家庭へ定期的に食品を届ける取り組みです。また、食品の配送をきっかけにつながりをつくり、見守りながら、食品以外の様々な支援につないでいきます。こども宅食応援団では、この「こども宅食」を文京区から日本中に広げていくための取り組みを行います。

自然基金では対象の事業者と、地域や社会に対するビジョンや思いを共有するビジョンパートナーとしての関係を築いていきます。助成を行う側(助成者)、結果報告をする側(受給者)といった関係ではなく、両者で設定した共通の目標達成のために、それぞれの持つ資源や強みを生かしていく、より有機的な取り組みを始めます。

その第一歩として、今回は、こども宅食応援団の広報活動に係る資金助成だけでなく、地域のキーパーソンたちへの「こども宅食」の認知向上を図ります。自然電力の地域とのネットワークを活用し、事業展開している地域の自治体や関係団体にこども宅食の取り組みを紹介し、全国の実施団体が活動報告やノウハウ共有を行う「こども宅食ミートアップ(仮称、今秋開催予定。こども宅食応援団主催)」への参加につなげることを目指します。上記を通じて、自然電力の事業展開地域において、「こども宅食」の実施を促進させていきたいと考えています。

 

自然基金・代表理事および自然電力・代表取締役 磯野謙より

私たちは「エネルギーから世界を変える」というビジョンのもと、自然電力グループでの自然エネルギー事業を通じて、国内はもちろん世界中のローカルの新たな価値創造に取り組み始めています。

更にこれからは、自然基金が創る”人と人との繋がり”から生まれるエネルギーを通じて、より良い未来を多様なアプローチで目指していきます。

 

こども宅食応援団・代表理事 駒崎弘樹より

「こども宅食」は食品を届けることで、経済的に困難な家庭とつながりを生み出す事業です。

つながることで、子育ての悩みや精神、身体の不調などによって家庭がつらい状況に陥ったことにいち早く気づき、行政・民間が連携して必要な支援を届ける、そんな仕組みを社会に組み込むことで、親子のつらさを見逃さない、適切な支援が行き届く社会を実現していきます。

 

【自然電力株式会社について】

2011年6月設立。「エネルギーから世界を変える」を掲げ、日本全国でグループとして約1ギガワット(2019年2月末時点)の自然エネルギー発電事業に携わっている。太陽光・風力・小水力等の自然エネルギー発電所の設置・運営に必要な、開発・EPC(設計・調達・建設)・O&M(運営・保守)・アセットマネジメント・電力小売事業等、すべてのサービスを手掛けている。2018年よりブラジル・インドネシアにて太陽光発電所を着工し、アジア・南米域を起点に世界各国でプロジェクトを進めている。

  • 本社:福岡県福岡市中央区荒戸1-1-6 福岡大濠ビル3F/6F
  • 代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也
  • 代表電話番号:092-753-9834
  • URL:https://www.shizenenergy.net
  • 事業内容:太陽光・風力・小水力等の自然エネルギー発電所の発電事業(IPP)、事業開発・資金調達、アセットマネジメント、個人・法人向け電力小売事業等

 

【一般社団法人自然基金について】

2016年6月設立。自然電力株式会社の地域還元プロジェクト「1% for Community®」の取り組みから生まれた地域発の社会変革を後押しするプラットフォーム。自然電力グループの関わる発電所の収益等の一部を集約し、広範囲で地域の課題に取り組む事業者等の支援を行う。

  • 所在地:福岡県福岡市中央区荒戸1-1-6 福岡大濠ビル3F/6F
  • 代表理事:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也
  • URL:https://shizen-foundation.net/
  • 事業内容:社会的インパクト投資事業及び助成事業

 

【一般社団法人こども宅食応援団について】

文京区で取り組んでいる「こども宅食」を全国に展開するために2018年10月に設立。活動拠点である佐賀県を起点として、こども宅食事業の立ち上げの資金助成や伴走支援、ノウハウ提供、コミュニティ形成、広報や情報発信などを行い、全国の各地域で「こども宅食」が行われるような環境を整備していくことを目指している。

  • 所在地:佐賀県佐賀市白山二丁目1番12号佐賀商工ビル7階 佐賀市市民活動プラザ内
  • 設立:2018年10月15日
  • 代表理事:駒崎弘樹(NPO法人フローレンス代表理事)
  • 理事:鴨崎貴泰(日本ファンドレイジング協会事務局長)、河合秀治(ココネット株式会社取締役社長執行役員)、藤沢烈(一般社団法人RCF代表理事)、村上絢(一般財団法人村上財団代表理事)、渡辺由美子(NPO法人キッズドア代表理事)
  • 事業内容:日本国内の「こども宅食」モデルの実施希望者に対する伴走支援。および、運営団体に対する助成金の支給、広報・啓発活動等。

 

pdfプレスリリース本文はこちら

[ニュースリリース]

【Shizen Foundation decides its first subsidies】 Shizen Energy aims to expand “Kodomo Takushoku (Meal home delivery for family with children)” that saves parents and children in regions from crisis with utilizing Shizen Energy’s local network.

Shizen Foundation (Fukuoka city, Fukuoka / Representative Directors: Ken Isono, Kenji Kawado, Masaya Hasegawa, hereinafter “Shizen Foundation”) has decided its subsidies for “Kodomo Takushoku Supporter’s club” (Saga city, Saga / Representative Director: Hiroki Komazaki, hereinafter “Kodomo Takushoku Supporter’s club”) that works to spread the new safety net “Kodomo Takushoku” that prevents parents and children’s crisis.

 

About Shizen Foundation

Shizen Foundation was founded by 3 representative directors of Shizen Energy Inc. (Fukuoka-Shi, Fukuoka/Representative Directors: Ken Isono, Kenji Kawado, Masaya Hasegawa, hereinafter “Shizen Energy”) in order to achieve the vision of Shizen Energy, “Changing the World with Energy”, with a different process from energy businesses.

Shizen Foundation is integrating the fund, and not only making donations without seeking any return but also investing to the eligible companies with the aim to support the companies which tackle the wide range of local and social issues. Whereas traditional investment has the concept of an “exit” which refers to financial returns through IPOs and sales, this foundation instead takes a different approach and identifies businesses and organizations who bring about systemic change (change in which initiatives grow and have an impact on social systems an policy) and provides support for the realization of such change. Shizen Foundation is not only providing with funds but also supporting through networks with nationwide companies and government that Shizen Energy Group acquired.

 

About Kodomo Takushoku

Kodomo Takushoku is the activities started in 2017 in Bunkyo-ku, Tokyo to deliver foods regularly to those child rearing families who are in difficult circumstances. Also, it makes the connection with families by taking the opportunities of delivering foods and links it to other activities other than foods while watching over those families. Kodomo Takushoku Supporter’s club is taking an approach to expand “Kodomo Takushoku” from Bunkyo-ku to all over Japan.

Transcending the relationship between people who subsidize and receive, Shizen Foundation is building a relationship with eligible companies as a vision partner who shares vision and ideas for regions and societies. Not being as the one who subsidizes and another who receives it, this is the relationship which both parties set the common goal and work in a coordinated fashion that is making the most of their resources and strength in order to achieve it.

As a first step this time, Shizen Foundation will not only supply funds to the public relations activities but also maximize recognition of “Kodomo Takushoku” towards the key players in the region. Shizen Foundation introduces the activities of Kodomo Takushoku to the local government and relevant organizations in the areas with its business regions (A1) while utilizing the local network with Shizen Energy and it aims to lead to participate “Kodomo Takushoku Meetup (Provisional title. It will be held this autumn and hosted by Kodomo Takushoku Supporter’s club)” which organizations from all over Japan present activities reports and share their know-how. Through the aforementioned activities, Shizen Foundation aims to promote the implementation of Kodomo Takushoku in its business regions.

 

Message from Ken Isono, Representative Director of Shizen Foundation and Shizen Energy Inc.

With our vision "Changing the World with Energy," we have started to create a new local value domestically and globally through natural energy business in Shizen Energy Group.

Moreover, we are aiming for better future with various approaches through energy which are created from the connection between people and people produced by Shizen Foundation.

 

Message from Hiroki Komazaki, Representative Director of Kodomo Takushoku Supporter’s club

Kodomo Takushoku is to create the connection with the families in economic difficulties by delivering foods to their home.

We aim to realize the society that notices parents and children’s difficult situations and delivers necessary support by incorporating the system into the society that never misses their hardships due to distress from child rearing or suffering from bad mental and health condition, and also delivers necessary support with cooperating the government and private sectors by connecting with them.

 

[About Shizen Energy Inc.]

Founded in June 2011 with the mission of “Changing the World with Energy,” Shizen Energy contributes to the generation of approximately 1 gigawatt (as of the end of February 2019) worth of renewable energy across Japan. It is engaged in all services required for the installation and operation of solar, wind power, small hydroelectric and other renewable energy power plants, such as development and EPC (engineering, procurement, construction), O&M (operation and maintenance), and asset management. The company has begun the constructions of the photovoltaic power plants around the world since 2018 starting from Asia and South American Region such as Indonesia and Brazil.

  • Headquarters: Fukuoka Ohori Bldg. 3F/6F, 1-1-6 Arato, Chuo Ward, Fukuoka City, Fukuoka Prefecture

  • Representative Directors: Ken Isono, Kenji Kawado, Masaya Hasegawa

  • Tel: 092-753-9834

  • URL:http://www.shizenenergy.net/en/

  • Business: Electricity generation (IPP) with solar, wind power, small hydroelectric and other renewable energy power plants, business development, funding procurement, asset management, electricity retail for individuals and businesses

 

[About Shizen Foundation]

Founded in June 2016. Shizen Foundation is a product of Shizen Energy Inc.’s 1% for Community® initiative that has been utilized in full-scale operation and provides a platform to support region-led social reform. It integrates some part of profit from power plants that Shizen Energy Group is involved in, and it supports the companies who are dealing with wide range local issues.

  • Location: Fukuoka Ohori Bldg. 3F/6F, 1-1-6 Arato, Chuo Ward, Fukuoka City, Fukuoka Prefecture

  • Representative Directors: Ken Isono, Kenji Kawado, Masaya Hasegawa

  • URL:https://shizen-foundation.net/

  • Description of business: Social impact investment and subsidizing business

 

<About Kodomo Takushoku Supporter’s club>

Founded in October 2018 to expand “Kodomo Takushoku” nationwide which has been working in Bunkyo ku. Starting from Saga prefecture as home of its activities, it provides subsidizes and supports, offers know-how, forms a community and performs PR activities to set up the business of Kodomo Takushoku, and it aims to organize the environment that will have “Kodomo Takushoku” in each region in Japan.

  • Location: Saga city Shimin Katsudo Plaza, Saga Shoko Bldg. 7F, Shirayama 2-1-12, Saga city, Saga

  • Date of the founding: 15 October 2018

  • Representative Director: Hiroki Komazaki (Representative Director, NPO Florence)

  • Director: Yoshihiro Kamozaki (Deputy Secretary General, Japan Fundraising Association), Hideharu Kawai (President, Coconet Inc.), Retsu Fujisawa (Representative Director, RCF), Aya Murakami (Representative Director, The Murakami Family Foundation), Yumiko Watanabe (Representative Director, NPO Kid’s Door)  

  • Description of business: Provide support for the people who would like to conduct “Kodomo Takushoku” model in Japan as well as grants to the organizations and PR/enlightenment activities.  

 

pdfThe full version of press release is here.

[ニュースリリース]

自然電力が遠山正道×PARTYが手掛けるThe Chain Museumと 共同でアートプロジェクトに取り組みます ~「唐津市湊風力発電所」をはじめ、唐津市内の5カ所に作品を展示~

自然電力株式会社(本社:福岡県福岡市/代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也、以下「自然電力」)は、株式会社The Chain Museum(本社:東京都目黒区中目黒/代表取締役社長:遠山正道、以下「The Chain Museum」)と共同で取り組むアートプロジェクト「雑草」(以下、本プロジェクト)を、2019年4月23日より公開いたします。

The Chain Museumは小さくてユニークなミュージアムを、世界中に差し込んでいくプロジェクトを展開しています。本プロジェクトでは、その精巧な草花をモチーフとした彫刻作品で、国内外から高い評価を受ける気鋭の作家、須田悦弘の作品『雑草』を、佐賀県唐津市にて稼働中の「唐津市湊風力発電所(以下、本発電所)」(※)をはじめ、唐津市内の唐津市役所本庁舎、旧唐津銀行、虹の松原ホテル、caffe Lunaにそれぞれ、計5作品を展示します。今後、本発電所以外の展示は、唐津市内の様々な場所を巡回する予定です。高さ約80mの本発電所の上に置かれた作品は、普段直接見ることはできませんが、年に一度の特別公開を予定しています。

 

唐津市湊風力発電所に設置された雑草

唐津市湊風力発電所に設置された『雑草』

 

 

今回の取り組みについて、自然電力代表の長谷川雅也は「アートには、普段人々に見えていないものを可視化させる力があります。例えば彫刻家は、私たちには見えていないけれど、彼らには見えているものを、私たちにも共有できる“像”という形に落とし込みます。私たち自然電力が作り出すエネルギーも目には見えません。普段、人々があまり気に留めない、という意味でも『存在するが見えていないもの』と言えます。私たちの作り出すエネルギーにアートを掛け合わせることで、エネルギー自体が関心事として人々の目の前に現れることを期待します」と述べています。

自然電力では、自然エネルギー発電所に関わる一連の事業と並行して、このような自然エネルギーへの興味・関心を高めるための取り組みを今後も積極的に行うことで、自然エネルギーの普及および、持続可能な社会の構築に貢献することを目指します。

※「唐津市湊風力発電」は、自然電力グループ初の風力発電案件です。自治体や地域の金融機関との連携のもと、プロジェクトを進めてまいりました。

 

【プロジェクト概要】

プロジェクト名

「雑草」

作品名

『雑草』

作家名

須田悦弘

展示場所

唐津市湊風力発電所、唐津市役所本庁舎、caffe Luna、旧唐津銀行、虹の松原ホテル

展示期間

2019年4月23日~

展示時間

各施設の営業時間に準ずる

料金             

展示自体は無料、入場は各施設に準ずる

主催

自然電力株式会社、株式会社The Chain Museum

 

 【展示場所マップ】

TheChainMuseum社が運営する、アーティスト支援アプリ ArtSticker(https://artsticker.app/r/dl/)の「位置情報機能」でツーリズムのようにアートを巡ることができます。
ArtStickerの「位置情報機能」を使えば、作品の位置情報を一目で確認することが出来ます。美しい自然に囲まれた唐津市内の街並みを楽しみながら、その土地でしか出会うことが出来ないアートを巡る旅に出てみませんか。

 

【自然電力株式会社について】

2011 年 6 月設立。「エネルギーから世界を変える」を掲げ、日本全国でグループとして約 1 ギガワット(2019 年 2月末時点)の自然エネルギー発電事業に携わっている。太陽光・風力・小水力等の自然エネルギー発電所の設置・運営に必要な、開発・EPC(設計・調達・建設)・O&M(運営・保守)・アセットマネジメント・電力小売事業等、すべてのサービスを手掛けている。2018年よりブラジル・インドネシアにて太陽光発電所を着工し、アジア・南米域を起点に世界各国でプロジェクトを進めている。

  • 本社:福岡県福岡市中央区荒戸1-1-6 福岡大濠ビル3F/6F
  • 代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也
  • 代表電話番号:092-753-9834
  • URL:http://www.shizenenergy.net
  • 事業内容:太陽光・風力・小水力等の自然エネルギー発電所の発電事業(IPP)、事業開発・資金調達、アセットマネジメント、個人・法人向け電力小売事業等

 

【株式会社The Chain Museumについて】

The Chain Museumは、 「アートの次のあり方をつくる」プロジェクトです。アーティストとコラボレーションして、独自の小さくてユニークなミュージアムを世界中に沢山生み出していくとともに、一人一人がアート作品に直接支援できるプラットフォーム「ArtSticker」も運営しています。

アートの更なる自律と自由を後押しし、一人一人のアートへの参画を、これまでになく身軽でひらかれたものにしていきます。

  • 本社:東京都目黒区中目黒1-10-23 シティホームズ中目黒
  • 代表取締役:遠山正道
  • URL: https://t-c-m.art/ 

pdfプレスリリース本文はこちら

 

  • Photovoltaic (Mega Solar) Power
  • Wind Power
  • Small Hydroelectric Power
  • electricity retail  business
  • Utilize your unused land spaces
  • Find contractors for your renewable energy power station
  • Find O&M service providers for your power station
  • side funding
  • side funding
  • Selling a power plant  (before/after start of operation)
  • careers
  • face book
  • PV power plant dictionary
  • juwi

page top