ミニマムグリッド事業ミニマムグリッド事業
ミニマムグリッド事業

ミニマムグリッド事業

太陽光パネル・蓄電池・最適制御システムを組み合わせて、自然エネルギーを取り入れた暮らしを提案します。

概要

「ミニマムグリッド」は、よく晴れた日には電気を自給自足し、火力・原子力などの大規模な発電所に頼る時間を減らす、という考え方。

太陽光パネル・蓄電池・最適制御システムを組み合わせると、電力を消費するだけだった施設が小さなエネルギー拠点に変わります。

自然エネルギーのメリットを最大限活用しながらも、くもりが続く時期やでんきをたくさん使う時は、無理せず送電線から電気を購入し、無理なく自然エネルギーを暮らしに取り入れます。

住んでいる地域の自然エネルギーで電気をつくり、そこの暮らしでつかうことは、エネルギーに自立するということ。自然エネルギーから電気をつくる小さな拠点が増えていけば、災害にも柔軟な社会づくりにつながっていくと私たちは考えています。

サービス内容

ふだん使いでは、よりお得な電気を利用できます。また、停電時には電力供給を続け、暮らしやビジネス活動を守ります。
系統接続も継続するため、くもりが続く時期でもでんきが足りなくなる心配はありません。
日が当たる屋根があればどこでも設置をご検討できます。
初期投資がいらない第三者所有・電力販売モデル(TPO-PPAモデル)をご提案します。

  1. 1できること
    • 1.昼間の電気は太陽光で賄い、夜間の電気は蓄電池から供給します。電気代の高い時間帯や電力消費の多い時間帯に、日中余った電気を活用することで(ピークカット)電気代をお得にします。
    • 2.災害時にも電気の供給を続けられます。防災拠点の災害対策や、事業継続計画(BCP)のインフラ対策としてご活用できます。
    • 3.事業活動のエネルギー消費の多くを占める電気。自然エネルギー由来に切り替えることは環境施策のひとつとして有効です。
  2. 2設置例

    ・公共施設、学校
    ・医療/福祉施設
    ・商業施設
    ・住宅
    など

※自然電力グループが設備設置に伴う初期投資を負担し、電気を需要家に販売するモデルをさします。