自然電力、役員体制の変更および取締役就任のお知らせ

2020.09.01[ニュースリリース]

自然電力株式会社(本社:福岡県福岡市/以下、「自然電力」)は、2020年9月1日付で取締役の役職を新設し、自然電力グループの成長をけん引してきた磯野久美子が就任したことをお知らせいたします。

創業9年で自然電力グループが携わった自然エネルギー発電事業は約 1 ギガワット(2019 年 12月末時点)を超え、従業員数約260人、9か国にその事業を拡大しています。O&M(オペレーション&メンテナンス)事業の新規立ち上げと人事戦略策定・組織文化浸透といったグループ全体の組織基盤構築をけん引してきた磯野久美子の経営メンバーとしての参画により、さらなる経営体制の強化と事業の拡大を目指します。

この度の組織変更について、磯野久美子は、「社会から再生可能エネルギーに期待される役割がますます大きくなっている中、思いを同じくする仲間が集まる組織にて、新しい役割を務められることを嬉しく思っております。自然電力は間もなく創業10年を迎えようとしており、事業そのものの幅の広がりに合わせて、お付き合いさせていただくお客様・パートナー様や、参画するクルーの幅も広がっております。会社としてのさらなる組織基盤の整備に向けて邁進してまいります。」と、述べています。

自然電力では、世界中から多様かつ優秀な人材を積極的に迎え、また「青い地球を未来につなぐ」ための新たな挑戦ができるフィールドとなることで、“自然エネルギー100%の世界”の実現を加速させてまいります。

【体制変更の詳細】

名前 旧職 現職(9月1日付)
磯野 久美子
(いその くみこ)
自然電力グループ
コーポレートサービス統括部門
責任者
自然電力株式会社 取締役(新任)
(自然電力株式会社 法務部管掌、
自然電力グループHR部、
オフィス・総務・IT部管掌)

【経歴】

磯野久美子 Kumiko Isono

大学卒業後、経営コンサルティング会社にて、複数業界の中期経営計画、マーケティング戦略策定等のプロジェクトに従事。2014年自然電力株式会社に参画後、O&M事業を牽引し、20154月にjuwi自然電力オペレーション株式会社 代表取締役に就任。その後、自然電力グループ全体のコーポレートサービス部門責任者を歴任。
2020年9月より現職。1984年生まれ。

慶應義塾大学総合政策学部卒業。カリフォルニア大学バークレー校Haas MBA.