洋上風力発電事業における合弁会社への東京ガスの参画について

2020.11.25[プレスリリース]

Northland Power Inc.(ノースランド・パワー、社長兼CEO:Mike Crawley、以下「Northland Power」)および自然電力株式会社(代表取締役:磯野 謙、川戸 健司、長谷川 雅也、以下「自然電力」)が2019年に共同で設立した合弁会社「千葉洋上風力株式会社」に、新たに東京ガス株式会社(社長:内田 高史、以下「東京ガス」)が参画いたしましたのでお知らせいたします。

本提携に伴い、3社は千葉県沖における洋上風力発電事業の主体となる「千葉洋上風力株式会社」の株主となります。今後、千葉洋上風力株式会社は、それぞれの経営陣と社員からなる総勢30名以上のチームにて、当該洋上風力発電案件の促進区域化を目指して、開発事業を進めてまいります。

東京ガスは日本国内で最大の都市ガス事業者であり、グループ経営ビジョン「Compass 2030」でCO2ネット・ゼロへの挑戦を掲げています。その実現に向け2030年における国内および海外での再生可能エネルギー電源取扱量 5GWの獲得を目指しています。首都圏を中心に多くのお客さまに対してエネルギー供給実績のある東京ガスと、持続可能なインフラ資産の世界的なディベロッパーであり、洋上風力開発への専門知識と経験を有するNorthland Power、および国内外において約1GW以上の再生可能エネルギー発電所の開発実績を有する自然電力の3社の協業を通じて、洋上風力開発事業を推進してまいります。

(左から)東京ガス 再生可能エネルギー事業部長:馬場 敏、
自然電力 代表取締役:長谷川 雅也、Northland Power 開発事業担当副社長:David Povall

 

【千葉洋上風力株式会社 概要】

社名 千葉洋上風力株式会社
設立 2019年9月11日
株主 Northland Power Inc.、自然電力株式会社、東京ガス株式会社
事業概要 洋上風力発電所の開発事業