ケネディクス自然電力ファンドの組成について

2016.03.31[ニュースリリース]

English follows Japanese.

ケネディクス株式会社(以下「ケネディクス」)および自然電力株式会社(以下「自然電力」)は、平成28年3月31日付で、太陽光発電所を主な投資対象とし、全国の再生可能エネルギー発電所へ投資する「ケネディクス自然電力ファンド」(以下「本ファンド」)を共同で設立、運用することについて合意し、本ファンドに出資者として参画する複数の国内金融法人との間で出資協定書を締結致しました。

1. 本ファンドの概要

名称 ケネディクス自然電力ファンド
出資額 最大80億円(予定)
総資産規模 最大400億円程度(予定)
投資対象 太陽光、風力、小水力又はバイオマス発電所等
出資者 複数の国内金融法人
運用者 ケネディクス、自然電力
基本理念
  1. 再生可能エネルギー発電所の売電収益を原資として、長期安定的なファンドパフォーマンスの実現を目指すものであること。
  2. 国内再生可能エネルギー発電所、並びに、金融商品市場の多様化、拡大への貢献を目指すものであること。
  3. 地域に根差した再生可能エネルギー発電所の開発、運営を推進することにより、地域経済の活性化及び発展を目指すものであること。

2. 目的
ケネディクスは、平成27年2月10付策定・公表の中期経営計画「Partners in Growth 2017」において、アセットマネジメント事業を中心とする安定収益の成長施策として、「インフラ分野等、新たな対象資産への取組み」を掲げております。再生可能エネルギー発電所は、ケネディクスにとって新たな運用対象資産への取組みとなりますが、再生エネルギー発電所の発電事業、事業開発において国内有数の実績を持つ自然電力をパートナーとして本ファンドを設立、運用することにより、アセットマネジメント事業の領域と収益基盤の拡大を目指していきます。

自然電力は、平成23年の会社設立以来、14件の太陽光発電事業を国内で手掛けているほか、自然電力グループとして、約700メガワット(平成27年12月末時点)の太陽光発電所の企画・開発・EPC(設計・調達・建設)・O&M(運営・保守)に携わってきました。また、太陽光発電事業のみならず、風力・小水力発電事業等も手掛けており、国内における再生可能エネルギーの普及・拡大を目指して事業を展開しています。平成26年には熊本県合志市において、農林水産省の「地域還元型再生可能エネルギーモデル早期確立事業」に採択された「合志農業活力プロジェクト」を開始し、太陽光発電所の収益の一部を地域の農業振興に活用する等、発電所が立地する地域と連携した開発への取組みも行っています。自然電力グループがこれまでに積み上げてきた実績と経験を生かし、国内独立系不動産アセットマネジメント会社として最大規模を誇るケネディクスとの本ファンド事業を通じて、高品質、かつ、地域に根差した再生可能エネルギー発電所の開発・運営をより一層推進し、国内における長期安定的な再生可能エネルギーの確保と供給の実現を目指していきます。