[ニュースリリース]

Shizen Energy Starts Construction of First Solar Power Plant in Brazil~Net Metering Business Model~

On February 26, 2019, Shizen Energia do Brasil Ltda (Location: Brazil/hereinafter Shizen Brazil), the local joint venture of Japanese Shizen Energy Inc. (Headquarters: Arato, Chuo-Ku, Fukuoka-Shi, Fukuoka/Representative Directors: Ken Isono, Kenji Kawado, Masaya Hasegawa, hereinafter Shizen Energy) and MS Consultoria e Suporte (Headquarters: Feira de Santana, Brazil/represented by Bruno Suzart), and Espaço Y (Headquarters: Brasilia, Brazil/Representative Directors: Daltro Noronha, Flávio Barros, hereinafter Espaço Y), a Real Estate development company in Brazil, have officially announced the beginning of the construction, of a 1.1 MW solar power plant in Brasilia, Brazil. While the construction of the plant began on January 29, 2019, a public event was organized in commemoration of the construction on February 26, publicizing the official announcement.

 

Brazil is among the top 10 consumers of electricity in the world, boasting a positive demand growth profile for the next years. Renewable energy makes up as much as 80.3% of the power generation installed capacity, with hydro power being the main source. However, other technologies such as wind and solar have developed quick due to strong political support since 2012.

In particular, the solar energy market has become increasingly attractive to investors considering aspects, such as the availability of quality resources, cheap land, falling system costs, and a creative remote net-metering policy, that help to drive the development of solar power in Brazil. While the last few years have seen some advancement in capacity augmentations, some mid-term projections forecast a larger-than-fortyfold growth in the coming 10 years, to a whopping 47 GW installed.

 

Aiming to leverage the long-term growth expectation, Shizen Energy decided to bet on the market, establishing its operations through a subsidiary, Shizen Brazil, in 2018. Following its establishment, Shizen Brazil announced its partnership with Espaço Y. The partnership renders its first fruits, with both companies announcing the successful development of a ground-mount 1.1MW pilot project in Brasilia, with an expected COD later this semester.

 

Off-takers of the 1.1MW project will be registered on a government sponsored remote net-metering system, benefiting from discounted rates whilst promoting cleaner power generation. The regulation allows the facility to be installed and operated remotely, while the net-metering system offsets the off-takers’ electricity consumption against the power plant’s generation. Any extra power the solar PV plant produces is registered as credits that can be used to offset yet more power usage from the off-takers.

 

“The global expansion is one of the steps towards our commitment of ‘Changing the World with Energy.’ Developing green power assets is our way to create power for the future, and more importantly, to impact the way people and organizations use energy”, said Ken Isono, Shizen Energy’s co-founder.

 

[Project Outline]

Facility 1.1 MW(DC)
Location of PV Power Plant

Brasilia, Distrito Federal, Brazil

FAZ SOL UFV 01

PV power plant owner Espaço Y and Shizen Brazil
Start of construction 29th January, 2019
COD(Commercial Operation Date) 20th May, 2019

 

[About Espaço Y]

Founded 25 years ago, Espaço Y operates multiple businesses, including Real Estate development, construction, call center, and others. Espaço Y is a local reference in the construction, property, and telco industries. The company joined the renewable energy segment in 2018 after announcing a partnership with Japanese Shizen Brazil. Espaço Y’s stalwart is to develop great places to live, and to do so with a commitment to social responsibility and sustainable development.

  • Headquarters: SHCN 202 Bloco A - salas 201/202/204, Brasília-DF, Brazil
  • Representative Directors: Daltro Noronha, Flávio Barros
  • Tel: +55 61-3035-0600
  • URL: https://espacoy.com.br/
  • Business: Property, Real Estate, Call Center.

 

[About Shizen Energy Inc.]

Founded in June 2011 with the mission of “Changing the World with Energy”, Shizen Energy has contributed to the development of approximately 1 gigawatt (as of the end of January 2019) worth of renewable energy across Japan. It is engaged in all services required for the installation and operation of solar, wind, small hydroelectric, and other renewable energy power plants, such as development, EPC (engineering, procurement, construction), O&M (operation and maintenance), and asset management. The company entered the electricity retail market in 2017, and along with supplying electricity to individuals and businesses, Shizen also provides support for initiatives towards environmentally friendly energy usage and generation undertaken by third party companies and organizations.

  • Headquarters: Fukuoka Ohori Bldg. 3F/6F, 1-1-6 Arato, Chuo Ward, Fukuoka City, Fukuoka Prefecture、Japan
  • Representative Directors: Ken Isono, Kenji Kawado, Masaya Hasegawa
  • Tel: +81 92-753-9834
  • URL: http://www.shizenenergy.net/en/
  • Business: Electricity generation (IPP) with solar, wind power, small hydroelectric and other renewable energy power plants, business development, funding procurement, asset management, electricity retail for individuals and businesses

pdfThe full version of press release is here.

[ニュースリリース]

自然電力がFWTジャパンとスポンサーシップ契約を締結 スノースポーツを通じて自然エネルギーの魅力を発信

自然電力株式会社(本社:福岡県福岡市中央区荒戸/代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也、以下「自然電力」)は、2019年2月21日(木)、自然の地形を生かして雪の上を滑り降りるスノースポーツであるフリーライドの世界ツアー「Freeride World Tour(*1)」を日本で運営するFWTジャパン株式会社(本社:東京都文京区/代表取締役:宮田誠、以下「FWTジャパン」)をブルー・パートナーとするためのスポンサーシップ契約を締結しました。

photo FWT SE thumb

左から、FWTジャパン マネージングディレクター 後藤氏、自然電力代表 長谷川、

FTW CEO ニコラ氏、FWTジャパン CEO 宮田氏

2019年1月19日(土)より長野県白馬村にて行われた、

「Freeride World Tour Hakuba Japan 2019」(主催:白馬村観光局)にて

 

ブルー・パートナーとは、「自然エネルギー100%の世界は、つくれる」という自然電力のビジョンに賛同し、自然エネルギームーブメントを広めるための活動を共にする仲間の総称です。これまで、事業・活動における地球環境の重要性を認識し、積極的に発信をしている団体や個人と幅広くパートナーシップを締結してまいりました (*2)。

スノースポーツは自然環境を拠り所としている一方で、日本では気候変動による積雪不足を要因の1つとするスキー場の閉鎖・休業が続いています。このまま積雪が減っていく場合、2031 年~2050 年には、年間滑走可能日が現在の約3分の1にまで減少するとの予測もあります(*3)。

「地球を楽しもう」を行動指針の1つとする自然電力は、雪山を全ての活動のベースとするFWTジャパンとタッグを組み、スノースポーツを楽しむ人たちに地球環境の持続可能性に貢献する自然エネルギーの魅力を発信し、その選択肢を提示することで、自然エネルギームーブメントの輪を広げてまいります。

 

参考

*1: Freeride World Tour(FWT)は、自然の雪山を滑る「フリーライド」の世界で唯一最大の国際競技連盟です。1996年にスイスで第一回大会が行われ、その規模はフリーライドファンの増加と共に拡大、現在は世界で唯一最大のフリーライドの世界ツアーとなりました。

FWTimage thumb

2017年には、男女・スキー・スノーボード・予選・ジュニア合わせて5600人以上の選手が世界を転戦し、合計150大会が欧州・北米・南米・オセアニア・アジアで実施されています。

*2: 現在のブルー・パートナーはこちらからご覧いただけます。

https://shizendenryoku.jp/partners.html#blue-partner

*3: 中口毅博.「地球温暖化がスキー場の積雪量や滑走可能日数に及ぼす影響予測―気象庁RCM20予測を用いて」. 芝浦工業大学研究報告人文系編.2010, vol.44, no.1, p.71-76

 

【FWTジャパン株式会社について】

【自然電力株式会社について】

2011 年 6 月設立。「エネルギーから世界を変える」を掲げ、日本全国でグループとして約 1 ギガワット(2019 年 1月末時点)の自然エネルギー発電事業に携わっている。太陽光・風力・小水力等の自然エネルギー発電所の設置・運営に必要な、開発・EPC(設計・調達・建設)・O&M(運営・保守)・アセットマネジメント等、すべてのサービスを手掛けている。2017 年より電力小売事業に参入し、個人・法人に向けた電力供給のほか、企業等の環境(エネルギー)対策に向けた取り組み支援も行う。

  • 本社:福岡県福岡市中央区荒戸1-1-6 福岡大濠ビル3F/6F
  • 代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也
  • 代表電話番号:092-753-9834
  • URL:http://www.shizenenergy.net
  • 事業内容:太陽光・風力・小水力等の自然エネルギー発電所の発電事業(IPP)、事業開発・資金調達、アセットマネジメント、個人・法人向け電力小売事業等

pdfリリース本文はこちら

[ニュースリリース]

自然電力初の海外事業が開始、インドネシア現地企業と協業し屋根設置型太陽光発電所を着工

自然電力株式会社(本社:福岡県福岡市中央区荒戸/代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也、以下「自然電力」)とインドネシア現地パートナー企業であるペトロ・トラダ・ヌサントラ(PT Petro Trada Nusantara、本社:インドネシア国/代表取締役:ロイ・ウィジャヤ、以下、PTN)は、インドネシアにて、屋根設置型(ルーフトップ)太陽光発電所を2018年11月24日より着工しましたのでお知らせいたします。なお、本プロジェクトは自然電力グループ初の海外着工案件です。

 

インドネシアでは、近年、電化普及率が急速に増加しています。一方で、島しょが多いという立地特性上、国全体を網羅するような大規模電源・送電システムによる電化は不向きであるため、電気が通っている地域においても電気代が高く送電が不安定といった状況が続いており、個人・企業ともに、安定かつ安価な電源開発・送配電システムが求められています。

インドネシアは国全体を通して日照量に恵まれているため、太陽光発電に向いている気象条件であり、また、太陽光発電は電力需要や燃料価格の変動に影響されることなく発電できる分散型電源であることから、導入の機運が高まっています。

 

こうした状況に対して、この度、自然電力およびPTNは共同で、現地大手企業の工場にて1.4MWのルーフトップ太陽光発電所の建設を開始しました。本発電所の導入に合意したクライアント企業は、今後、製品の生産に安定かつ安価で、より環境に貢献した電気を活用する予定です。

 

インドネシアでは自然エネルギー発電所の建設・運営ノウハウがまだ普及していないため、自然電力はこれまで日本で培った豊富な実績をもとに、現地のEPC会社と協業して建設を進めてまいります。また、自然電力およびPTNは今後数年間にわたって共同開発を続け、GWレベルの導入ポテンシャルが見込まれる太陽光発電事業について積極的に協業していく方針です。

自然電力代表取締役の長谷川雅也は「自然電力の太陽光発電所の開発ノウハウを現地パートナーとともにインドネシアで広げていくことが、現地のビジネス発展や政府のエネルギー目標達成に貢献すると確信しています」と、述べています。

 

自然電力は、海外への事業拡大を次なる成長ステージの重要な目標と位置付けております。本プロジェクトを起点として、各国の地域に根ざした高品質な自然エネルギー発電所の設置と運営を通じ、国内外の自然エネルギーの普及と持続可能な社会の構築を目指してまいります。

 

【ペトロ・トラダ・ヌサントラについて】

ペトロ・トラダ・ヌサントラは再生可能エネルギー、特に太陽光発電に特化したPT スリャ・ウタマ・ヌアンサの子会社として2015年に設立。ペトロ・トラダ・ヌサントラは最先端の再生可能エネルギーソリューションを競争力のある価格で提供している。ペトロ・トラダ・ヌサントラが提供しているエンドツゥーエンド(E2E)のソリューションは、大規模発電所からビジネス用ソリューション、住宅用ソリューションなど幅広いセグメントに対応している。

  • 本社:Generali Tower – Gran Rubina Business Park Lantai 23 Unit B-C, Kawasan Rasuna Epicentrum, Jalan H.R. Rasuna Said, Karet Kuningan, Setiabudi, Jakarta Selatan, Indonesia

【自然電力株式会社について】

2011 年 6 月設立。「エネルギーから世界を変える」を掲げ、日本全国でグループとして約 800 メガワット(2018年6月末時点)の自然エネルギー発電事業に携わっている。太陽光・風力・小水力等の自然エネルギー発電所の設置・運営に必要な、開発・EPC(設計・調達・建設)・O&M(運営・保守)・アセットマネジメント等、すべてのサービスを手掛けている。2017 年より電力小売事業に参入し、個人・法人に向けた電力供給のほか、企業等の環境(エネルギー)対策に向けた取り組み支援も行う。

  • 本社:福岡県福岡市中央区荒戸1-1-6 福岡大濠ビル3F/6F
  • 代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也
  • 代表電話番号:092-753-9834
  • URL:http://www.shizenenergy.net
  • 事業内容:太陽光・風力・小水力等の自然エネルギー発電所の発電事業(IPP)、事業開発・資金調達、アセットマネジメント、個人・法人向け電力小売事業等

 

pdfリリース本文はこちら

カテゴリ

アーカイブ

  • 太陽光(メガソーラー)発電
  • 風力発電
  • 小水力発電
  • 電力小売事業
  • 土地の有効利用を考えている方
  • 発電所建設のための資金調達が必要な方
  • 発電所の建設事業者を探している方
  • 発電所の保守運営会社を探している方
  • 発電所の健康診断をしたい方
  • 発電所(運転開始前・ 開始後)を売りたい方
  • 自然エネルギー由来の電気を購入したい方
  • 採用情報
  • face book
  • ソーラー用語辞典
  • juwi

このページのTOPへ