8/23 CAN-Japanが主催するシンポジウムに弊社の磯野久美子(自然電力グループ コーポレートサービス統括部門長)が登壇します

2018.08.08[掲載・講演情報]

国際的な気候変動ネットワーク(Climate Action Network; CAN)の日本拠点であるCAN-Japanが主催するシンポジウム「再生可能エネルギー100%の社会の実現に向けて-日本のマルチステークホルダーの取り組み-」に弊社の磯野久美子(自然電力グループ コーポレートサービス統括部門長)が登壇します。

磯野は、パネル討論2の「エネルギー転換の加速に向けて」に登壇予定です。
参加費は無料ですので、エネルギーの最前線に興味にある方はぜひ足をお運びください。
====================

イベント概要

  • 名称:シンポジウム 再生可能エネルギー100%の社会の実現に向けて-日本のマルチステークホルダーの取り組み-
  • 日時:2018年8月23日(木) 13:00~16:30(開場12:30)
  • 会場:千葉商科大学 7号館702教室(千葉県市川市国府台1-3-1http://www.cuc.ac.jp/access/index.html
  • 参加費:無料(事前お申し込みが必要となりますので、以下「詳細」よりお申し込みください)
  • 詳細:https://go100re.jp/1125

====================

2015年に気候変動を防ぐための国際協定「パリ協定」が採択され、再生可能エネルギーの導入に向けた機運は、国内、そして世界で大きく高まっています。
本シンポジウムでは、再生可能エネルギーの導入において先陣を切る国内外のゲストが持続可能なエネルギーへの転換に向けて、これからの各界の取り組みを加速させるために、活発な議論を交わします。
本シンポジウムは、政府・地方自治体・企業・NGOのマルチステークホルダーの協働による「タラノア対話」として実施。
会場は、日本で初めて自然エネルギー100%大学を目指すことを打ち出した千葉商科大学です。

※タラノア対話とは
タラノア対話とは、パリ協定の目標を達成するために、世界全体の温室効果ガス排出削減の取り組みに関する優良事例を共有し、目標達成に向けた取組意欲の向上を目指すものです。
====================