2020年度バーチャルパワープラント構築実証事業に参加 ~蓄電池・EV・HP給湯機からの秒単位制御・最適制御システムの構築~

2020.06.01[ニュースリリース]

自然電力株式会社(代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也、以下「自然電力」)は、経済産業省資源エネルギー庁の補助事業である「令和2年度需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント(以下、VPP)構築実証事業費補助金」に申請し、2020529日に採択されましたのでお知らせいたします。自然電力としては、昨年度に続き2年目のVPP構築実証事業への参加です(*1)。

自然電力はリソースアグリゲーター(*2)として実証事業に参加し、家庭用蓄電池・産業用蓄電池・電気自動車(EV)といった多様なエネルギーリソースを用いて、秒単位の調整力創出を行いつつ、ダイナミックプライシング連動の最適制御を同時に行うマルチユースでの制御の検証を行います。また、ヒートポンプ(HP)給湯機を用いたダイナミックプライシングに対する最適制御も併せて検証する予定です。

自然電力では自然エネルギー100%の世界を目指すにあたり、自然エネルギー電源の開発だけでなく、自然エネルギーによる電力の供給と需要をバランスさせる仕組みが不可欠と考えエネルギーテック事業を開始しています。今後も地域における分散型電源の普及を通じて、“自然エネルギー100%の世界”の実現を加速させてまいります。

■実施体制

アグリゲーション
コーディネーター(幹事社)
九州電力株式会社
実証協力事業者 一般財団法人 電力中央研究所
三菱電機株式会社
リソースアグリゲーター
50音順)
エフィシエント株式会社
九電テクノシステムズ株式会社
九州電力株式会社
株式会社サニックス
自然電力株式会社
ニシム電子工業株式会社
日本電気株式会社
日本ユニシス株式会社
実証期間 2020年6月 ~ 20212

*1

*2 リソースアグリゲーターとは、需要家とVPPサービス契約を直接締結してリソース制御を行う事業者のことです。

【参考】
九州電力株式会社:「2020年度 バーチャルパワープラント構築実証事業の開始について」(2020年6月1日付)
http://www.kyuden.co.jp/notice_200601.html