自然電力とConstant Energy、アイシングループ タイ現地法人との初のコーポレートPPA契約による発電所を完工

2021.08.27[実績情報]

自然電力とConstant Energyは、2021年4月、アイシン精機株式会社とToyota Tsusho (Thailand) Co., Ltd.の合弁会社であるAisin Automotive Casting社(以下、「ATAC」)と2020年10月29日に締結した長期電力供給契約(Corporate PPA)に基づく屋根置き太陽光発電所を完工しました。

本太陽光プロジェクトでは、1MWの屋根置き太陽光発電所をプラチンブリ県のカビンブリ工業団地内に設置しました。この発電所で発電された電力はPPA契約に基づきATACに供給されます。これにより、価格競争力のあるクリーンな再生可能エネルギーを直接供給し、工場の電気代の平均コストを削減しながら、同時に、CO2排出量の削減に寄与します。

自然電力海外事業部部長の古賀大幹は、「ATACとの契約に基づき、屋根置き太陽光発電所の工事を完工できたことを嬉しく思います。ATAC及びアイシングループとの長期的な関係の第一歩を踏み出すことができました。自然電力としては、アイシングループの環境方針に掲げる“低炭素社会の構築”及び再エネ化に寄与していきたいと考えています」と述べました。

自然電力は「青い地球を未来につなぐ」ことを自らのPURPOSE(存在意義)として掲げ、より多くの人々が地球上で幸せに暮らし続けるために、世界中で再生可能エネルギー発電所をつくり安全で持続可能な電気が使われる暮らしを広げていくことを目指しています。今後も各地のパートナーと協業しながら、高品質かつ地元に目指した自然エネルギー発電所の開発・建設・運営・保守を通じて、“再生可能エネルギー100%の世界”の実現を加速させてまいります。

工場上空から

【Aisin Thai Automotive Casting Co., Ltd.(ATAC)について】
ATACは2008年9月、アイシン精機株式会社とToyota Tsusho (Thailand) Co., Ltd.の合弁会社として設立。プラチンブリ県に位置し、資本金は1,681百万バーツ。「ASEAN地域においてパワートレイン部品製造のNo.1企業になること」をビジョンに掲げ、ATACはエンジンとトランスミッション関連の製造において、トップクラスの自動車メーカーの製造をサポートするトップ企業の一社となった。
・URL: http://www.atac.co.th

【Constant Energyについて】
Constant Energyは、複数の国において高品質の発電設備への投資と運営を行う、再生可能エネルギー発電所と蓄電池への投資プラットフォームです。太陽光発電所の開発・設計・資金調達・建設・所有・運営を行う独立系発電事業者(IPP)として、メガソーラーおよび大規模な工業用屋上設置型太陽光発電所の開発・設計・建設・運営を行っています。専門性と経験豊富なチームが、長期的な見通しを見据えて各国の発電所を直接管理しています。
・URL:https://constantenergy.net/ja/

【自然電力株式会社について】
2011年6月設立。「青い地球を未来につなぐ。」を掲げ、日本全国でグループとして約1ギガワットの再生可能エネルギー発電事業に携わっている。大規模再生可能エネルギー発電所の設置・運営のための開発・EPC(設計・調達・建設)・O&M(運営・保守)・アセットマネジメント事業に加え、中・小規模発電所によるPPA事業、電力小売り事業といった脱炭素ソリューションの提供を行っている。海外事業にも注力しており、2018年より東南アジア・ブラジルを中心に開発事業・IPP事業を展開している。
・本社:福岡県福岡市中央区荒戸1丁目1番6号 福岡大濠ビル3F/6F
・代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也
・URL:http://www.shizenenergy.net

<本件に関するお問い合わせ>
自然電力株式会社  広報
e-mail:se-comm@shizenenergy.net