[ニュースリリース]

Supply of CO2-neutral Power Produced in Nagano Prefecture to the Venue of a G20 Ministerial Meeting

Nagano Shizen Energy Limited (representative employee: Shizen Energy), a member of the corporate group of Shizen Energy Inc. (Representative Directors: Ken Isono, Kenji Kawado, and Masaya Hasegawa; hereinafter “Shizen Energy”), is going to make a partial supply of power from its Obuse Matsukawa small-scale hydroelectric plant (located in the town of Obuse, Kami-Takai County, Nagano Prefecture) to the venue of the G20 Ministerial Meeting on Energy Transitions and Global Environment for Sustainable Growth to be held at the Karuizawa Prince Hotel on June 15 and 16. This supply will be made through Chubu Electric Power Co., Inc. (Representative Director and President: Satoru Katsuno; hereinafter “Chubu Electric Power”), and consist of CO2-neutral power produced from a local source in Nagano Prefecture. 

This project will make use of the CO2-neutral value deriving from hydroelectric plants sited in Nagano Prefecture, including the Obuse Matsukawa small-scale hydroelectric plant and the hydroelectric plant owned by the Nagano Prefectural Government Corporate Bureau (Public Corporation Manager: Toru Kobayashi). Through it, Chubu Electric Power will achieve a supply of power whose generation over the period June 13 – 16 in effect will not have entailed any CO2 emissions.

In November 2018, Shizen Energy established Nagano Denryoku Co., Ltd. (Representative Directors: Ken Isono and Yasuteru Maruyama; hereinafter “Nagano Denryoku”) in the town of Obuse, Nagano Prefecture together with the local government and a local cable TV company. It is pursuing the construction of a model for local consumption of locally generated electricity, to encourage an economic circulation within the local area. It is planning to include the Obuse Matsukawa small-scale hydroelectric plant that will be used for the aforementioned project as one of the sources for supply of power to the customers of Shizen Energy and Nagano Denryoku.
In the future as well, Shizen Energy and Nagano Denryoku are determined to contribute to the construction of a sustainable society through the supply of electricity from 100% natural sources that in effect entail absolutely zero CO2 emissions (CO2-neutral power), in addition to building power plants using natural energy.

 Neutral PressRelease Naganodenryoku G20 ObuseSmallHydro 01

Neutral PressRelease Naganodenryoku G20 ObuseSmallHydro 02

[The Obuse Matsukawa small-scale hydroelectric plant:
external views of the turbine (upper) and building (lower)]

  

[About Shizen Energy Inc.]

Founded in June 2011 with the mission of “Changing the World with Energy,” Shizen Energy contributes to the generation of  approximately 1 gigawatt (as of the end of February 2019)  worth of renewable energy across Japan. It is engaged in all services required for the installation and operation of solar, wind power, small hydroelectric and other renewable energy power plants, such as development and EPC (engineering, procurement, construction), O&M (operation and maintenance), and asset management. The company has begun the constructions of the photovoltaic power plants around the world since 2018 starting from Asia and South American Region such as Indonesia and Brazil.

  • Headquarters: Fukuoka Ohori Bldg. 3F/6F, 1-1-6 Arato, Chuo Ward, Fukuoka City, Fukuoka Prefecture
  • Representative Directors: Ken Isono, Kenji Kawado, Masaya Hasegawa
  • Tel: 092-753-9834
  • URL: http://www.shizenenergy.net/en/
  • Business: Electricity generation (IPP) with solar, wind power, small hydroelectric and other renewable energy power plants, business development, funding procurement, asset management, electricity retail for individuals and businesses

pdfClick here for the full version of the press release

[ニュースリリース]

G20関係閣僚会合会場への長野県産CO2フリー電力の供給について

自然電力株式会社(代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也、以下「自然電力」)のグループ会社である長野自然電力合同会社(代表社員:自然電力)は、6月15日、16日に軽井沢プリンスホテルで開催されるG20関係閣僚会合「持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合」の会場に、所有する「小布施松川小水力発電所(長野県上高井郡小布施町)」からの電力を、中部電力株式会社(代表取締役社長:勝野哲、以下「中部電力」)を通じ、地元電源の長野県産CO2フリー電力として一部供給いたします。

 

本取り組みは、中部電力が、6月13日から6月16日までの間、「小布施松川小水力発電所」や長野県企業局(公営企業管理者:小林透)が所有する水力発電所など、長野県内に立地する水力発電所由来のCO2フリー価値を活用し、実質的にCO2排出量ゼロの電力供給を実現するものです。

 

自然電力は、長野県小布施町に自治体・地元ケーブルテレビとともに2018年11月に地域電力「ながの電力株式会社」(代表取締役:磯野謙、丸山康照、以下「ながの電力」)を設立し、地域で生まれた電気をその地域で消費し、地域内での経済循環を促すモデルの構築に取り組んでいます。自然電力およびながの電力のお客様にご提供する電気の電源に、この度の取り組みに活用された小布施松川小水力発電所も含まれる予定です。

今後も自然電力およびながの電力は、自然エネルギー発電所を作ることに加え、実質「100%自然エネルギー由来」、「CO2フリー」の電気を提供することを通じて、持続可能な社会の構築に貢献してまいります。

 

img Naganodenryoku G20 ObuseSmallHydro 01

 img Naganodenryoku G20 ObuseSmallHydro 02

【小布施松川小水力発電所 水車外観(上)、建屋外観(下)】

 

【自然電力株式会社について】

2011 年 6 月設立。「エネルギーから世界を変える」を掲げ、日本全国でグループとして約 1 ギガワット(2019 年 2月末時点)の自然エネルギー発電事業に携わっている。太陽光・風力・小水力等の自然エネルギー発電所の設置・運営に必要な、開発・EPC(設計・調達・建設)・O&M(運営・保守)・アセットマネジメント・電力小売事業等、すべてのサービスを手掛けている。2018年よりブラジル・インドネシアにて太陽光発電所を着工し、アジア・南米域を起点に世界各国でプロジェクトを進めている。

  • 本社:福岡県福岡市中央区荒戸1-1-6 福岡大濠ビル3F/6F
  • 代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也
  • 代表電話番号:092-753-9834
  • URL:http://www.shizenenergy.net
  • 事業内容:太陽光・風力・小水力等の自然エネルギー発電所の発電事業(IPP)、事業開発・資金調達、アセットマネジメント、個人・法人向け電力小売事業等

 

pdfリリース本文はこちら

 

[ニュースリリース]

バーチャルパワープラント(VPP)構築実証事業に参加 ~家庭用蓄電池を用いた周波数調整を実施~

 この度、自然電力株式会社(福岡県福岡市/代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也、以下「自然電力」)は東京電力ホールディングス株式会社(東京都千代田区/代表執行役社長:小早川智明)が幹事社を務める「オープンプラットフォーム型アグリゲーションビジネス実証事業(※1)」にて、経済産業省が一般社団法人環境共創イニシアチブを通じて公募する実証事業「平成31年度需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント構築実証事業費補助金(VPPアグリゲーター事業)」に申請し、5月30日に採択されました。今回が自然電力としては初めてのバーチャルパワープラント(VPP)構築実証事業への参加です。

 

 自然電力はリソースアグリゲーター(※2)として実証事業に参加し、家庭用蓄電池を用いて、周波数(秒単位)制御実証を行う予定です。また、独自の実証として、蓄電池にて計測した周波数に応じ、極めて短周期で充放電する制御も実施予定です。さらには、FIT買取期間が終了した住宅用太陽光発電設備の自家消費や電気料金最適化といった長周期での使い方との組み合わせによる検証も行います。このように、1台の蓄電池を高速(短周期)と低速(長周期)の利用を行うことで、蓄電池導入による経済メリットの最大化を図ります。

 

<VPP構築実証事業における家庭用蓄電池を用いた周波数調整のイメージ>

 

 自然電力では、自然エネルギー100%の世界を目指すにあたり、自然エネルギー電源の開発だけでなく、自然エネルギーによる電力の供給と需要をバランスさせる仕組みが不可欠と考えています。今回の取り組みはその一歩であり、更なる自然エネルギーの普及に努めます。

 

※1 VPP構築実証事業についてはこちらをご参照ください:
    http://www.tepco.co.jp/press/release/index-j.html

※2 リソースアグリゲーター:需要家とVPPサービス契約を直接締結してリソース制御を行う事業者。

 

【自然電力株式会社について】

2011 年 6 月設立。「エネルギーから世界を変える」を掲げ、日本全国でグループとして約 1 ギガワット(2019 年 2月末時点)の自然エネルギー発電事業に携わっている。太陽光・風力・小水力等の自然エネルギー発電所の設置・運営に必要な、開発・EPC(設計・調達・建設)・O&M(運営・保守)・アセットマネジメント・電力小売事業等、すべてのサービスを手掛けている。2018年よりブラジル・インドネシアにて太陽光発電所を着工し、アジア・南米域を起点に世界各国でプロジェクトを進めている。

  • 本社:福岡県福岡市中央区荒戸1-1-6 福岡大濠ビル3F/6F
  • 代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也
  • 代表電話番号:092-753-9834
  • URL:http://www.shizenenergy.net
  • 事業内容:太陽光・風力・小水力等の自然エネルギー発電所の発電事業(IPP)、事業開発・資金調達、アセットマネジメント、個人・法人向け電力小売事業等

 

pdfプレスリリース本文はこちら

 

カテゴリ

アーカイブ

  • 太陽光(メガソーラー)発電
  • 風力発電
  • 小水力発電
  • 電力小売事業
  • 土地の有効利用を考えている方
  • 発電所建設のための資金調達が必要な方
  • 発電所の建設事業者を探している方
  • 発電所の保守運営会社を探している方
  • 発電所の健康診断をしたい方
  • 発電所(運転開始前・ 開始後)を売りたい方
  • 自然エネルギー由来の電気を購入したい方
  • 採用情報
  • face book
  • ソーラー用語辞典
  • juwi

このページのTOPへ